話題のインフルエンサーに学ぶ

インフルエンサーってどんな人たちがいるのか?今話題のインフルエンサーまとめ!

ゆうこすの収入は年収1億!?SNSを使った“稼ぐための突破口”

 

f:id:kozy2525:20180315024633j:plain

※出典:ゆうこすさんタイムバンクより

 

こんにちは。『インフルエンサー』について日々研究しています、kozyです!

ブログを見に来て下さって有り難うございます♪

 

突然ですが、“Time bank(タイムバンク)”ってご存知でしょうか?

 

timebank.jp

 

簡単に説明すると「『時間』の取引ができるアプリ」

例えば、直接会いたい経営者から時間を買って、

事業の相談やディナーができるような仕組みになっています。 

 

そのタイムバンクで昨日(2018年3月14日)の20時より、

モテクリエイター“ゆうこす”こと「菅本裕子さんが出演していました!

 

 

 

出演者は

「お金2.0」の編集長として最近話題の箕輪さん

事業家の家入一真さん(遅刻により途中参加 笑)、

「お金2.0」の著者で、タイムバンクの社長でもある佐藤航陽さん

 

…メンバーがかなり濃いです。。笑

 

そしてタイトルにも書きましたが、ゆうこすさんが「年収1億円」を超えているような会話のやりとりがありました!

明言はしていないものの、売上1000万円以上は確かなようです。

 

現在23歳のゆうこすさん。

会社も設立して約2年でこの結果は驚きですよね…!

 

今回は何故そのような結果に至ったのかを、

タイムバンク飲みでの会話から考えていこうと思います。 

 

 

うまくいっていないなら「方向性を変えること」

 2年前はなかなかうまくいかず、

「おはよう」とTwitterで呟けば

「死ね」と返されていたそうです。

 

※ゆうこすさんを知りたい方はコチラから

kozy2525.hatenablog.com

 

そんな状況から抜け出すきっかけは「方向性を変えたこと」「共感」

 

「死ね」と返してくる人は全体の9割で男性(アンチ)だったのに対して、「おはよう」と返してくれるファンが残りの1割で“女性”だったことから、

その1割に向けて発信するようにしたことが、今の「モテクリエイター」となるきっかけになったようです!

 

しっかり分析していることもさることながら、

そこから2年でここまで大きく変えたことにビックリですね、、!

 

 

もう一つ大事なのが「共感」と話していたゆうこすさん。

「ぶりっ子したいけどできない女性」に向けて共感を得に行ったことで、

今やファンの9割は女性だそうです!

 

ここまで突き詰めていけば、こんなにも影響力を与えられるのかと思うと

もっと自分のことが知りたくなりました!

 

まとめ

TimeBank上では終始和やかなムードで行われたやりとりですが、

これから「ゆうこすさんのようになりたい!」と思う人にとって

かなり大事なことを話していたと思います。

 

今回、ゆうこすさんから学んだことは

  • 誰に向けて発信するのか意識する
  • うまくいかなければ方向転換
  • 共感を得られるような発信

といったところでしょうか。

 

最後にもう一つ大事だと思うこと。

「人にされて嬉しいことを、まず自分からする」

ことも、ゆうこすさんは実践してきたのかな、と思います。

 

これからももっと伸びることは間違いなしのゆうこすさん!

応援もさながら、僕自身もすうこすさんに近づけるよう、色んなことにチャレンジしていこうと思います。

 

 

最後に、、

今年ゆうこすさんが出演するビックイベントを貼り付けておくので、

気になる方はチェック!

 

・GirlsAward

5月19日(土)

kozy2525.hatenablog.com

 

・モテワンコンテスト

8月4日(土)

 

ちなみにゆうこすさん、タイムバンクもやってるみたいです!