話題のインフルエンサーに学ぶ

インフルエンサーってどんな人たちがいるのか?今話題のインフルエンサーまとめ!

祝☆月間10000PV突破!これまでの7ヶ月間を振り返ってみた

こんにちは。『インフルエンサー』について日々研究しています、kozyです!

ブログを見に来て下さって有り難うございます♪

 

わたくしごとですが、月間10,000PV達成しました!!

f:id:kozy2525:20180530223500p:plain

 

このブログを立ち上げてから約7ヶ月。

はじめの頃は誰からも見られず、何のためにやってるのかもわからなくなるときもありながらも、ほぼ毎週1記事ずつ書き続けました。

 

学生の頃は国語が一番苦手な教科。

言語能力も乏しく、ボキャブラリーも少ないので、よく友達から

「気持ちは伝わるけど、何言ってるかわかんない」

と言われるほど。笑

そんな僕でもここまで継続できたのには驚きです。笑

 

10000PVを節目にこれまでの7ヶ月間を振り返っていこうと思います。

 

このブログを立ち上げる前

ブログを書き始めたのは昨年2017年の8月から。

最初ははてなブログではなく、アメブロを使って、趣味感覚で書きました。

(今でも未熟ですが、最初は稚拙すぎて目も当てられないです…笑)

 

そこからインフルエンサーというジャンルを知って、興味を持ち始めてからこのブログを立ち上げました。

 

最初の記事はコチラ。

kozy2525.hatenablog.com

自分でいうのもなんですが、何が伝えたいのか全くわからない…笑

 

そこから試行錯誤しながら、色んなインフルエンサーに関する記事を書いていきました。

 

kozy2525.hatenablog.com

 

kozy2525.hatenablog.com

 

kozy2525.hatenablog.com

 

モテクリエイター“ゆうこす”こと菅本裕子さんを知ったのは3記事目を書いたあたりから。

「この子すごすぎー!」「可愛すぎー!」と思って、ゆうこすさんに関する記事をいくつか書かせていただきました。

 

kozy2525.hatenablog.com

 

kozy2525.hatenablog.com

 

kozy2525.hatenablog.com

 

このブログの基盤ができるきっかけは間違いなくゆうこすさんです!

本当にありがとうございます。

 

一気に認知度が上がった「レペゼン地球」!

ゆうこすさんに関する記事を書くようになってから、じわじわとPV数を伸ばしましたが、突如転機が訪れます。

それが「DJ社長の40分越え動画」

 

知らない方はコチラから。

kozy2525.hatenablog.com

 

この動画をきっかけに、PV数が一気に伸びました!

今ではこの記事だけで毎日100PVほど上げています。

kozy2525.hatenablog.com

実は、上の記事は3ヶ月以上前に書いたもの。

YouTubeにかなり詳しい知り合いから聞き、僕の方がハマってしまって書いた記事です。

 

まさかレペゼン地球の記事がここまで見られるとは、当時思ってもみませんでした。。

 

ですが、ここからさらにPV数を上げるきっかけになった人がこちら!

kozy2525.hatenablog.com

 

崎山蒼志(さきやまそうし)くんをきっかけに10000PVへ

崎山蒼志くんを知るきっかけは、たまたま見ていたゆうこすさんのこのツイート。

 …ゆうこすさんには本当に頭が上がりません!

 

彼を見た瞬間「ビビッ」ときて、すぐに記事を書かせていただきました。

おかげさまで、「さきやまそうし」と検索すると、僕の書いた記事が1ページ目の一番上2つに出てくるように!

 

2018年5月25日からの5日間は毎日1000PV前後ですが、その内約80%が崎山蒼志くんに関する記事です。

 

ギター歴約11年。高校1年生にしてこの歌唱力と、人を惹きつける独特な雰囲気。

ぜひYouTubeで観てみてください!(できれば記事も!笑)

kozy2525.hatenablog.com

 

まとめ

今回は、月間10000PVを節目に、今までの記事を振り返らせていただきました。

 

現在の記事数は32記事。

ブログでの収入は0円ですが、今でも趣味感覚で、好きなように書かせてもらってます。

PV数が10000越えしたのは、人気インフルエンサーの記事を書いたことはもちろんですが、ブログのイロハを教えてくださった先輩方や、毎回僕の記事を見に来てくださる読者の皆さんのおかげです。

 

読んでくれる人がいるからこそ、もっといいブログにしていこうと思える!

そう思いながら、これからもより良い記事を書いていきます。